アルパスタジオ ソンリーサ

はじめての方も経験者の方も、演奏依頼も大歓迎のアルパ教室です!

  • top_01
  • アルパスタジオ ソンリーサ 無料体験レッスン受付中
  • アルパスタジオ ソンリーサ 無料体験レッスン受付中

HOME ≫ アルパ/こころハープとは?

メンバーの活動

アルパとは?

アルパ

天使の奏でる楽器、ハープ…

天使がハープを弾いている絵を教会で見たことはありませんか?
アルパはスペイン語で「ハープ」という意味で、ハープは人類の最も古い楽器のうちの一つだとされています。
 
16世紀に南米の各地がスペインに征服されていた時にイエズス会の宣教師がキリスト教と共にクラシックハープを持ち込みました。

それを先住民が現地の材料で独自に製作し、少しずつ形が変化して今の形になりました。
 
パラグアイの他にもメキシコ、ベネズエラ、ペルー、コロンビア等にあり、地域によってアルパの形、音色、奏法が異なります。
 
アルパスタジオsonrisaではパラグアイのアルパを取り扱っています。
 
オーケストラで主に使用されるハープと比べて小型で約7kgです。
自分で車、電車に載せて運べるのでどこへでも演奏しに行くことができます。
お友達とのちょっとしたパーティーで弾いても喜ばれますよ♪
 
パラグアイでは主に男性によって演奏されます。
ギターの伴奏がつくことが多く、その軽快なリズムには心が躍らされます。
また、ソロで弾くと優雅な音色に癒されます。
爪で弾いて弾くため、キラキラと輝く音色が魅力的な楽器です。
楽譜を使わず、目と耳を使って覚えるので、音楽が初めての方でも気軽に始めることのできる楽器です。

こころハープとは?

こころハープ
こころハープとはアルパよりずっと小さく簡単な楽器です。
 
アルパ(パラグアイハープ)奏者のエンリケ・カレーラが
アルパの演奏、指導をしているうちに
 
  
「もっと簡単に、誰にでも弾けるハープはないだろうか」
 
「ハープを使って多くの人を癒したい」
 
「ハープを習うのが夢!という方が多くいるが、
小型で運びやすく、値段的にも手の届きやすいものはないだうか」

 
 
と思うようになりました。
 
そこで現地パラグアイの工房の協力のもと、
試行錯誤の末にこころハープを開発いたしました。
 
アルパスタジオソンリーサ、オリジナルのハープです。
 
あなたのこころに、そっとよりそう楽器になりますように・・・
という願いを込めて「こころハープ」と名付けました。

楽器について

①こころハープはパラグアイの熟練された職人によって一台ずつ、こころを込めて手作りされています。
 
②演奏に十分な弦の数を残しつつできるだけ小型化し、誰でも簡単に持ち運びできるようにしました。
 
③小型なので小さいお子さんでも負担なく、練習することができます。
 
④音にも、こだわって作っています!
おもちゃではなく楽器として美しい音色を追及しています。
 
⑤当教室で取り扱っているアルパと同じ弦の幅で作ってあります。
アルパの代わりに持ち歩き用として(故郷の家族に聴かせたいけど、アルパを持って長距離移動は不安…等)もお使いいただけます。
 
⑥価格をできるだけ抑え「ハープを習いたい!」という全ての人の願いを叶えたい、と思っております。

⑦ひざの上にのせたり、椅子や机にのせて演奏できます。

価格 9万円(税別)
無料体験レッスン申込はこちら

モバイルサイト

アルパスタジオソンリーサモバイルサイトQRコード

アルパスタジオソンリーサモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • Facebook
  • 松木ありさ公式ブログ
  • Line
  • 0000501405.jpg
  • 0000478940.jpg